梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

低コストのインデックスファンド・ETFをバイ&ホールド、下町個人投資家のインデックス投資実践記を見てやってください。

ブログのURLが変わりました。ブックマークやRSSリーダーの変更をお願いします

遅ればせながら、ブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)」をSSL化(通信の暗号化)したことにより、URLが変わりました。【旧URL】 http://randomwalker.blog19.fc2.com/ ↓↓↓【新URL】 https://randomwalker.blog.fc2.com/URLがhttpsになっただけでなく、サーバー番号部分がなくなって短くなりました。旧URLのページは、自動的にリダイレクトされて新URLのページに飛ぶようになっており、ブログの...

楽天・全世界株式(除く米国)インデックス・ファンド(楽天・VXUS)が来る!?

楽天投信投資顧問は、「楽天・全世界株式(除く米国)インデックス・ファンド」(愛称:楽天・VXUS)を12月22日に設定すると発表しました。✨新ファンドのお知らせ✨ついに登場‼楽天・VXUSがでます!「楽天・全世界株式(除く米国)インデックス・ファンド」(愛称:楽天・VXUS)は12月22日に設定・運用を開始いたします!詳細はまた発信しますのでお楽しみに❗ pic.twitter.com/n0KMJ4AMQF— 楽天投信投資顧問株式会社 (@Rakute...

日経新聞に「老いる日本の株主、70代以上が4割 若者の目は海外株に」とあるが真の問題は若者ではない

日本経済新聞に「老いる日本の株主、70代以上が4割 若者の目は海外株に」という記事が掲載されています。老いる日本の株主、70代以上が4割 若者の目は海外株に【この記事のポイント】・日本企業の株式は70代以上の株主が41%を保有・若い層の関心は日本株より上昇力の強い海外株・最低投資単位引き下げや相続税優遇など課題に日本企業の株主が老いている。この30年で70代以上の保有額は全体の1割台から4割台に高まった。人口構成を...

証券会社が破たんした場合の安全性を再確認。デマや風説でいたずらに心乱されない

Twitterで証券会社が破たんした場合について話題になっていたので、ここでおさらいしておきます。私が実践しているインデックス投資の場合、投資商品は投資信託の一種であるインデックスファンドとなります。投資信託は販売会社(証券会社など)、運用会社、信託銀行という3つの金融機関が運用に携わりますが、そのいずれが破たんしたとしても、投資額にかかわらず制度的に守られています。販売会社は、私たち投資家が投資信託の...

イベントレポート(第2回eMAXISオンラインファンミーティング)

私も出演させていただいた「第2回 eMAXISオンラインファンミーティング」のイベントレポートが三菱UFJ国際投信のWEBサイトにアップされました。第2回 eMAXIS オンラインファンミーティング イベントレポート(2022年9月) |投資信託なら三菱UFJ国際投信eMAXISオンラインファンミーティングの模様をWEBページ化しました。元サッカー日本代表 大久保嘉人氏と投資ブロガー水瀬ケンイチさんとの特別座談会、投資信託組成からリリー...

日経新聞、少額投資非課税制度(NISA)を制度恒久化、非課税期間を無期限へと報道

今度は日経新聞が、政府が策定する資産所得倍増プランの案として、少額投資非課税制度(NISA)の制度を恒久化し、非課税で保有できる期間を無期限にすることを盛り込むとの報道です。NISA、5年で3400万口座に倍増へ 政府の所得倍増プラン政府が策定する資産所得倍増プランの案がわかった。少額投資非課税制度(NISA)の総口座数を今後5年間で3400万、投資額を56兆円にそれぞれ倍増する目標を掲げる。制度を恒久化し、非課税で保有...

就職氷河期の困難な体験と、その後の人生で役に立ったこと

就職氷河期世代の困難な体験について書かれた記事が現代ビジネスに掲載されています。正社員も非正社員も「嫌なら辞めろ」…日本社会が壊れ始めた「就職氷河期世代の実体験」(小林 美希) @gendai_bizあまりに若者が疲れている、何かおかしい──。社会人になりたての2000年から2003年にかけて、当時、経済記者だった私が感じたことだった。 詳しくは上記記事をご覧いただきたいのですが、記事筆者の「興味のあった企業100社以...

積み立て投資(ドルコスト平均法)は有利でも不利でもない

日経電子版に積み立て投資(ドルコスト平均法)のリスクの増え方についての情報が掲載されています。積み立て投資の特性、リスク量が一括投資に比べ半減積み立て投資と一括投資、どちらが有利か。関心の高いテーマだが、セゾン投信でマルチマネージャー運用部長を務め、積み立て投資の仕組みに詳しい瀬下哲雄氏は「リスクにさらされる期間の違いを考慮せずに、リターンの大小だけで積み立て投資と一括投資どちらが有利か不利かを比...

大人が学ぶべき金融リテラシーを高校生向け教材でチェック!

大人が学ぶべき金融リテラシーについて、必読は高校生向け教材との情報がアエラドットに掲載されています。NISA拡大で大人が学ぶべき金融リテラシー 必読は高校生向け教材〈週刊朝日〉 人生100年、長い高齢期に備えるため一人ひとりが「資産形成」を迫られる時代。各個人は正しい金融知識を身に付ける必要があるが、学校でも会社でもお金につ... かなりの長文ですが、詳しくは上記記事をご覧ください。その中で、大人が学ぶ...

三菱UFJ国際投信主催「第2回 eMAXISオンラインファンミーティング」のダイジェストムービー

9月30日にゲスト出演させていただいた三菱UFJ国際投信主催「第2回 eMAXISオンラインファンミーティング」のダイジェストムービーが公開されていました。eMAXISオンラインファンミーティングへの出演は2回目でしたが、今回は元サッカー日本代表大久保嘉人さんとの「サッカー×投資」特別対談ということで、スカパーやDAZNのテレビ画面や、スタジアムの観客席から遠く見ていた相手が目の前にいて、ものすごく緊張しました。あとから自...