1. イー・アドバイザーでの連載スタート。インデックス投資の利益の源泉ってなに?

    投資情報提供のE-Advisor(イー・アドバイザー)にて、不肖水瀬が連載コラム執筆をさせていただくことになりました。第一弾のコラムが、先ほどアップされています。E-Advisor(イー・アドバイザー) コラム・インタビュー2012-08-31 ブロガー水瀬ケンイチの「一般サラリーマンの等身大投資コラム」―インデックス投資の利益の源泉ってなに?第一回は、インデックス投資の利益の源泉についてです。当たり前のことかもしれませんが...

  2. ETF運用会社として最高の評価を獲得、バンガードのETFは超低コスト

    ETF

    米国バンガード社が、ETF運用会社として最高の評価を獲得したとのことです。【SankeiBiz 2012/08/30より引用】バンガードがETFプロバイダーとして最高の評価を獲得~Cogent Research(R) アドバイザー・ブランドスケープ(R) 2012の調査結果より~Cogent Research(R) Advisor Brandscape(R) 2012が2012年7月25日に発表した、ファイナンシャル・アドバイザーを対象とする調査結果によると、「最も好ましい印象を与えるETFプロバイダー...

  3. インデックス投資の具体的方法 8ステップ

    「水瀬さんが考えるインデックス投資の方法って具体的にどんな感じですか?」ブログを始めて8年目、こんな質問をされることが増えてきました。ほとんど毎日インデックス投資に関するブログ記事を書いているのですが、その本数も2,000本を超え、すべてに目を通すのはおよそ無理というレベルになってしまいました。なので、要点がつかみにくくなっているんだろうなぁと推測しています。そんな時に「ここを見てください」と言えるペー...

  4. 日経新聞の取材をお受けしました

    日経新聞の取材をお受けしました。海外ETF投資についての取材でした。...

  5. ホアヒン旅行記(一般的な生活費情報付き)

    先日、タイのホアヒンに行ってきました。バンコクから200キロほど南下した海沿いにある、静かなリゾートでとてもよい場所でした。(投資とは関係ない雑談です。ご興味があるかただけご覧ください)...

  6. 投資に適さないと診断されても諦めない!「生活防衛資金」で家計改革

    当ブログでは、投資を始める前にまず「生活防衛資金を生活費の2年分確保」しようと提唱してきました。生活防衛資金っていかつい名前だけどいったい何?生活防衛資金とは、ひとことで言うと、何が不測の事態が起きても(リストラ・長期入院・災害など)自分と家族の生活をしっかり守るためのお金です。これは、10年前に読んだ本「投資戦略の発想法」(木村剛著)で述べられていた考え方です。「職を失うというリスクに対しては、最...

  7. 投資を始める前の「家計診断」を自分でやる方法

    ミもフタもないお話ですが、世の中には、家計的に投資をやっていい人と、やらない方がいい人の二種類がいらっしゃいます。しかしながら、家計的に投資をやっていい人がひたすら貯金に勤しみ、本来やらない方がいい人が熱心に投資して苦戦しているケースがしばしば見受けられます。投資を始める前の、この出発点の判断を間違えると、将来、苦しい局面に追い込まれかねません。投資は自己責任で自由にやればいいという考え方もありま...

  8. 【特別寄稿】 世界でいちばん割安なのはどの国?世界各国のバリュエーション表(2012年7月版)

    以前、特別寄稿いただき大好評だった「世界でいちばん割安なのはどの国?世界各国のバリュエーション表」ですが、読者のタカちゃんさんがアップデートして2012年7月版を作ってくれました。以下、特別寄稿「世界でいちばん割安なのはどの国?世界各国のバリュエーション表(2012年7月版)」です。...

  9. やってもうた~

    昨夜、気づいたのですが、先月に積み立て投資をし忘れていました…。...

  10. 「真夏のインデックス投資ナイト」体験レポート (その3)

    「真夏のインデックス投資ナイト」体験レポート (その1)、(その2)の続きのシリーズ記事です。今回が最後です。初心者向けのインデックス投資ナイトということで、まず投資を始めるための条件についてあれこれ話があった第一部が終わり、第二部に入るところからです。第二部のテーマは「投資の核となる考え方を理解しよう」です。冒頭、第一部の最後に出てきたインデックスファンドという言葉に関連して、竹川氏から「インデッ...

  11. 「真夏のインデックス投資ナイト」体験レポート (その2)

    「真夏のインデックス投資ナイト」体験レポート (その1)の続きのブログ記事です。初心者向けのテーマ、「投資の第一歩の踏み出し方」についての続きです。山崎氏「投資金額によってリスクを調整できることはけっこう盲点。安定成長バランスファンド1,000万円と新興国株式ファンド100万円では、後者の方がリスクが低い。銀行と話していると、『値動きがマイルドな投資信託がいいですよね』『うん』みたいな話で、ミドルリスク・ミ...

  12. 「真夏のインデックス投資ナイト」体験レポート (その1)

    毎年、新年1月に開催されているインデックス投資ナイトが、今年は夏にも開催されました。その名も「真夏のインデックス投資ナイト」。2012年8月10日、お台場の東京カルチャーカルチャーにて開催。今回のテーマは「インデックス投資徹底入門」で、初心者向けです。私も当日参加してきましたので、体験レポートを書きたいと思います。来場されたお客さんは約70人、ざっと見渡すと30代~40代くらいが中心で女性も2~3割はいたように思...

  13. 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー、7周年のごあいさつ

    2005年8月9日に第1回目のブログ記事を書いてから丸7年が経ち、今日から8年目に突入です。こんなに長く続けてこられたのも、読んでくださる皆さまのおかげです。このような未熟なブログにお付き合いいただき、本当にありがとうございます。また、素晴らしい情報を届けてくれる相互リンクブログの皆さま、トラックバックをくださるブログの皆さま、ありがとうございます。いつもよい刺激を受けております。ブログというネット上のつな...

  14. 日本の経常黒字が過去最小に。経常赤字になるとどうなるのか?

    貿易収支に続いて、経常収支もあやしくなってきました。【日経電子版 2012/08/08より引用】経常黒字、上半期で過去最少 燃料輸入増が影響財務省が8日発表した2012年1~6月の国際収支状況(速報)によると、経常黒字は前年同期比45%減の3兆366億円だった。黒字額は比較可能な1985年以降、上半期ベースで過去最少になった。原子力発電所の稼働停止に伴う原粗油や液化天然ガス(LNG)の輸入増加や価格上昇に伴い、貿易赤字が...

  15. 当ブログのアクティブファンドに対するスタンス

    当ブログはインデックス投資ブログなので、「ブログ筆者はアクティブファンドを一切認めないガチガチのインデックス原理主義者」だと思い込まれ、批判されることがあります。率直に言って、的外れであり迷惑な話です。私自身、インデックスファンド・ETFが投資のメイン商品ですが、時々ブログでも取り上げているとおり、自分の意志でアクティブファンドにも投資しています。(例えば、DIAM中国関連株オープン、アムンディ・ロシア...

  16. 日経電子版のコラムに梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーが

    本日の日経電子版のマネーコラム「コレだけ読めば大丈夫! はじめての投資信託」に、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーが掲載されました。...

  17. 「真夏のインデックス投資ナイト」開催、今回はインデックス投資徹底入門

    毎年、新年1月に開催されているインデックス投資ナイトが、今年は夏にも開催されるそうです。その名も「真夏のインデックス投資ナイト」。今回のテーマは「インデックス投資徹底入門」ということで、初心者向けの内容になっています。いつもは実行委員として中の人になっていますが、今回はあまり噛んでいませんので、概要はプレスリリースからご紹介します。...

  18. MAXIS トピックスリスコンETF10%が、「フリーETF」(売買手数料無料)対象に

    先日東証への上場が発表された国内ETF「MAXIS トピックスリスクコントロール(10%)上場投信」(該当記事)ですが、当ブログの予想どおり、カブドットコム証券の「フリーETF」(特定ETFの売買手数料無料)サービスの対象になりました。カブドットコム証券 プレスリリース 2012/08/03「フリーETF」の対象銘柄に「MAXISトピックスリスクコントロール(10%)」を追加~ 当社オリジナル「手数料無料」の「フリーETF」は12銘柄に充実...

  19. 楽天証券、日本初のアクティブ運用型海外ETF3銘柄を提供。どの辺がアクティブ運用なんだろう?

    ETF

    楽天証券が、本日2012年8月2日より、日本初のアクティブ運用型海外ETF3銘柄を提供すると発表しました。銘柄は以下のとおり。・SSgAマルチ・アセット・リアル・リターンETF (RLY)インフレから資産を守ることを主軸においたETFで、コモディティ、不動産、米国物価連動国債(TIPS) など、過去株式や債券をアウトパフォームしてきた実物資産に連動するETFに投資信託報酬年率0.70%・SSgAインカム・アロケーションETF (INKM)米国債、...

  20. 国内ETFの「基準価額と市場価格の乖離」(2012年7月末時点)、乖離率縮小♪

    ETF

    個人投資家の期待を集めながらも、基準価額と市場価格の乖離の大きさが課題と言われてきた国内ETF。海外資産クラスの主要銘柄「上場MSCIコクサイ株」(1680)・「上場MSCIエマージング株」(1681)・「MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信」(1550)の乖離率を、2012年7月末時点でチェックしてみます。いずれも乖離率が縮小しています。MSCIコクサイインデックスに連動する1680が +0.19%、1550が +0.36%、MSCIエマージングイ...

  21. Yahoo!ファイナンスの株価表示がリアルタイムに

    本日2012年8月1日から、Yahoo!ファイナンスの株価表示がリアルタイムになりました。今までは約20分遅れだったので、ありがたい話です。ただ、主にインデックスファンドを月一で積み立てるだけの自分にとって、なにか改善したかと考えたら、特にメリットはありませんでした(^^;もともと、証券会社の口座があればリアルタイムな株価は分かりましたしね。...