危機でも金融緩和を行わなかった日本

※本ブログでは記事中にPRを含む場合があります

日本は世界金融危機後、ずっと円高傾向が続き、生産・輸出ともに低調が続いています。

その理由を世界金融危機後の金融緩和策に求めているレポートがありました。
世界33カ国のマネタリーベース、生産、輸出、為替レート(対米ドル)、消費者物価上昇率、政策金利のグラフがずらりと並べてあり壮観です。

大和総研 リサーチレポート
2010年10月8日 危機でも金融緩和を行わなかった日本

これを見ると、世界中が世界金融危機後にマネタリーベースを拡大させているのに対して、日本だけマネタリーベースがほとんど伸びていないのが一目瞭然です。
世界中が積極的に金融緩和を行い、為替レートを下落させるか、もしくは安定させるかしています。その結果、危機の落ち着きとともに、ほとんどの国で輸出、生産ともに回復に向かっています。
日本は、積極的な金融緩和を行わなず、円高となり、輸出と生産の回復が遅れています。デフレも継続中です。

日銀はずっと適切に金融緩和をやっていると言っていた印象がありますが、こうして他国と比較してみると、それが不十分であったのかもと思わせます。
なぜマネタリーベースを拡大してこなかったのかはよく分かりません。
もしかしたら、既に市中にお金がジャブジャブ過ぎてこれ以上増やせないところまで来ていたのかもしれません。

2010年10月5日に日銀は「包括緩和」としてETFやREITを含めた買い取り基金の創設、ゼロ金利の復活、時間軸の明確化などを打ち出しました。
足元、株式市場ではとりあえず好感されていましたが、円高傾向は歯止めがかかっていません。

マネタリーベースはどうなるのか、注目して見てみたいと思います。
関連記事