ゆうちょ銀の海外投資急増、本当の目的は?

水瀬ケンイチ

ゆうちょ銀行が海外投資を増やしているようです。

【日経新聞2011年1月8日朝刊5面より引用】
ゆうちょ銀の海外投資急増 10兆円に迫る
ゆうちょ銀行が海外投資を急拡大している。2010年度は9月までの半年間だけで3兆円を投じ、残高が7兆7千億円に急増。10年度中に10兆円に迫る勢いだ。郵便貯金離れが進む中で「このままではコスト割れの懸念がある」(斎藤次郎日本郵政社長)との危機感が背景にあり、高利回りが見込める海外運用で収益底上げを狙う。ただ世界最大級の巨額資金の運用は容易ではない。

ゆうちょ銀の総資産は10年9月末時点で約190兆円。そのうち海外投資は7兆7457億円。米国や欧州など先進国の国債や高格付け社債、海外の株価指数に連動した上場投資信託(ETF)を保有している。
【引用おわり】

記事では、郵貯銀行が海外投資を急ぐ最大の理由は「運用資産が減る中で従来並みの収益確保を迫られているため」だとあります。
郵貯残高が年々減少しているのは事実なので、それはそうなのでしょうが、もしかしたら、そろそろ日本国債がまずいと考え始めているのかも?なんて邪推したりして。

そういえば、公的年金(GPIF)が新興国株式に手を出し始めたり(関連記事)、個人向け国債変動10が商品性の変更で将来の金利上昇リスクを軽減していたり(関連記事)という動きがあります。
日本国債暴落説は、トンデモものから比較的まともなものまで色々見かけますが、外堀が埋まっていくようで少し不気味に見えなくもないです。気にしすぎ?(^^;

とはいえ、将来予測は私の本分ではありませんし、それに応じて資産運用をしているわけではないので、どんなことが起きてもある程度対応できるよう、色々なアセットクラスや通貨への分散投資を粛々と継続したいと思います。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ