「金融リテラシー講座」がいろんな意味で勉強になる

水瀬ケンイチ

月刊「投資信託事情」の連載の一部がPDFで読めます。その中にたいへん興味深い連載コラムがありました。

投信まとなび 投資信託事情
金融リテラシー講座[第1回~第8回](岡田 正樹)

金融リテラシーについてのコラムの第1回から第8回までが、1本のPDFファイルにまとまっています。
その内容は、

第1回 リテラシーの低い毎月分配ファンド購入者
第2回 投資信託の基本は理解されているのか?
第3回 「投資」に成功する人は、どんな人?
第4回 「投資」をする富裕層の発見法、教えます!
第5回 日本は「投資立国」。お金がお金を稼ぐ時代に
第6回 震災後、円安トレンドへ。外貨建て投資は得か?損か?
第7回 「投資」は「人生」に似ている。積極的なリーダータイプが成功
第8回 リテラシーの低い女性の方が投資に成功するワケ

となっています。
盛りだくさんに見えますが、ひとつのコラムが2ページほどなので、気軽に一気に読めます。
データをふんだんに使って、説得力がある内容になっています。

ただ、コラムが書かれた時期が現在の相場環境と違うので、震災後の円安トレンドを予想しているなど、一部現実に則していない部分はあります。
しかし、投資家の実態等普遍的なテーマに関しては、金融リテラシーが低いかたには勉強になるし、リテラシーが高いかたでもギクっとさせられるであろう話があったりして面白いです。

ところで、この連載コラムの筆者が所属している「金融リテラシー研究所」というものの存在を初めて知りました。
WEBサイトによると、「金融商品を販売する金融機関に対して、顧客のリテラシーレベルに応じた新しい販売手法を提案することを目的としたシンクタンク」だそうです。
投資家の心理を見透かされているようで、なんかムズムズしたのはそういうわけなのですね。

「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」という言葉もあります。
金融商品の販売側が投資家側をどう見ているのかが分かるので、ご興味があるかたは、ぜひ読んでみてください。
そして、投資家側として学べるところは素直に学び、販売側向けの部分は、セールスから自分の身を守るのにお役立てください。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ