2011年12月末のアセットアロケーションと主な構成商品

水瀬ケンイチ

毎年2回、お正月と6月末にアセットアロケーションの把握をしています。
今回も計算してみました。
なお、私が共著で書いた「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」で理論編を担当した山崎元氏が推奨アセットアロケーションを提示していますが、水瀬のアセットアロケーションは山崎氏の推奨とは異なることをあらかじめご了承ください。

2011年12月末時点のアセットアロケーション

日本株式 12.1%
先進国株式 41.9%
新興国株式 14.8%
日本債券 11.9%
外国債券 13.6%
その他 5.7%

主な構成商品は以下のとおりです。
(これ以外にも、多少の金融商品があったりなかったりしますが)

■日本株式
・iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA)の日本株式部分
・TOPIX連動型上場投資信託 (1306)
・インデックスファンドTSP
・eMAXIS TOPIXインデックス
・CMAM 日本株式インデックスe ←積み立て中
・MHAM 株式オープン

■先進国株式
・iShares S&P500 Index Fund (IVV)
・iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA)の外国株式部分
・STAM グローバル株式インデックス・オープン
・eMAXIS 先進国株式インデックス
・CMAM 外国株式インデックスe ←積み立て中

■新興国株式
・Vanguard Emerging Markets ETF (VWO)
・eMAXIS 新興国株式インデックス ←積み立て中
・DIAM 中国関連株オープン
・アムンディ・ロシア東欧株ファンド(旧SGロシア東欧株ファンド)

■日本債券
・個人向け国債 変動10 ←四半期ごとに積み立て中

■外国債券
・STAMグローバル債券インデックス・オープン

※これらリスク性資産のほかに、生活防衛資金として生活費の2年分以上を銀行預金で確保しています。←超重要!


アセットアロケーションは、前回(半年前)と比較して、大きな変化はありません。
細かく見れば、日本株式と先進国株式の比率が数%小さくなり、それ以外のアセットクラスが少しずつ大きくなった程度です。
リスクはおおまかに把握し、有効フロンティアは厳密には追い求めておりません。
たいしたアセットアロケーションではありませんので、真似しない方がいいと思います。


主な構成商品で変化があったのは、日本債券クラスです。
積み立て用ファンドとして「MHAMのMMF」を使っていましたが、楽天証券での取り扱いがなくなったため、「個人向け国債 変動10」に四半期ごとに直接投資することにしました。

運用のメインは海外ETFなので、時機を見て、ご無沙汰になっているリレー投資をしたいです。
積み上がってきたインデックスファンドを、海外ETFの「VTI」+「EFA」+「VWO」の組み合わせ、もしくは、「VT」1本にリレーしようと思っています。

また、コア&サテライト戦略のサテライト部分が少なく面白味がないので、なにか良いものがないか引き続き探しています。でも、バイ&ホールドできる面白い商品がなかなか見つかりません。
まぁ、無理にサテライトに投資しなくてもコアだけでも十分だと思っています。

あせらずゆっくり、愚直に運用を続けたいと思います。

※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。


<ご参考>
上記商品は、以下のネット証券で購入しています。会社名をクリックすると口座開設(無料)できます。
楽天証券
SBI証券
マネックス証券
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ