6年ぶりに「YenSPA!」の取材をお受けしました

※本ブログでは記事中にPRを含む場合があります

取材
(写真はイメージです)

先ほど、週刊SPA!別冊の「YenSPA!」の取材をお受けしました。

YenSPA!は2008年春にも取材を受けたことがあり、6年ぶり2回目の取材でした(プロフィールのメディア掲載履歴にあるはず…)。記者さんの質問に答える形で、自分が実践している投資法についてお話しました。もちろん、インデックス投資の話が中心です。

お話をしていて思ったのは、6年前よりもインデックス投資環境は格段に向上しているなということです。当時とは、受け答えの内容がずいぶん違っていたからです。インデックス投資がそれなりに認知されてきたような印象を抱きました。

現在、インデックス商品については、低コストなインデックスファンド・国内ETF・海外ETFが豊富に揃っているし、情報についても、日本人著者による良質なインデックス投資本がたくさん出版されています。DC年金やNISA等、長期投資を後押しする制度も充実してきました。

もちろん、投資未経験の多くの方々を含めた世間一般では、まだまだ認知度は低いです。改善の余地も多々あります。でも、インデックス投資環境は、実用に耐えうる水準にはなってきたと思います。あとは、「投資家がどう活用するか」の段階に入りつつあるのかもしれません。

本日の取材内容が、実際に記事になるかどうかはまだわかりませんが、もし掲載されたら、またブログでご報告したいと思います。
関連記事