投資初心者は本より人気YouTuberを参考にしている

水瀬ケンイチ

mostafa-kordzangeneh-VfAbOec57q8-unsplash_20210630.jpg


日本経済新聞電子版に、日経マネーが実施した2万5544人の個人投資家に対する「個人投資家調査」の結果が掲載されています。それによると、投資初心者が本より人気YouTuberを参考にしているそうです。

投資初心者の半数がもうけ ユーチューバーの影響増す

日経マネーが実施した「個人投資家調査」では、2万5544人の個人投資家から資産運用についての回答を得た。その中で投資歴6カ月未満の人を「投資初心者」として分析すると、コロナショック後ならではの初心者像が浮かび上がってきた。分析結果を2回に分けて紹介する。2021年の個人投資家調査で、「投資歴6カ月未満」と回答した投資初心者は3880人。回答者全体の15.2%を占めた。


まず、投資歴6カ月未満の初心者について、半数がプラスの成績というデータが紹介されています。よきかな、よきかな。

続いて、運用商品について、「日本企業の個別株」と回答した人は60.3%から43.1%に減少した一方、「先進国株の投資信託・ETF(上場投資信託)」を運用している人の割合は、前年の19.9%から30.0%と大きく増加。伝統的な国内株の個別株投資が依然1位ではあるものの割合が減り、投信・ETFによる外国株投資が伸びているというデータ。これも自然なことだと思います。

特徴的だったのが、投資を始めたきっかけの存在として「人気ユーチューバー」が1位で33.7%に上ったこと(前年調査では15.1%)。前年の調査では「本」が最多だったが、逆転する格好となったようです。ちなみに、著名ブロガーやツイッターの有名アカウントは5%以下なので、人気YouTuberすごい!という結果でした。

やっぱり動画はわかりやすいですよね。自分があまり知らない分野であれば、なおさらそうです。私も料理のレシピは本やブログではなく動画で見ますもん。

もちろんYouTuberも、本やブログと同様に内容については玉石混交です。人によります。わかりやすく、間違ったこと言っている動画も散見されます。YouTubeなら有用で正しい情報が得られると早合点しない方がよいと思います。また、体系的な解説や深堀りした内容は本やブログに一日の長があるように思います。わかりやすさとトレードオフの関係性があるかもしれませんね。

YouTubeをきっかけに投資に興味を持ったら、次はぜひ投資の名著を読んでみることを強くおすすめします。特に、長い年月という「時の洗礼」を受けて今なお読み継がれているような古典的名著を読むことで、自分がやっている投資法に対する信念を持つことができるようになると私は実感しています。

それにしても、YouTuberすごい。私もYouTubeやろうかな ←遅い


関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ