【日本株式】低コストインデックスファンド徹底比較(21年9月末)、トップ4本が横並びなので評価軸追加でトップ2本へ絞り込み

水瀬ケンイチ

japan-162328_640.png


「低コストインデックスファンド徹底比較」シリーズ記事として、日本株式クラスの主要なインデックスファンドについて、2021年9月末で比較しました。

※当シリーズ記事の説明書きとして、まずは『新シリーズ!「低コストインデックスファンド徹底比較」開始。まずは説明書き』をぜひご覧ください。

それではどうぞ。

photo20211007.png


日本株式クラスの比較対象インデックスは、「TOPIX」です。

比較の結果、信託報酬最安値で並ぶ4本ものインデックスファンド(eMAXIS Slim、ニッセイ、iFree、Smart-i)が既存の4つの評価軸で同点であったため、特別に「3年リターン」を追加した5つの評価軸で評価しました。その結果、「eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)」(運用会社:三菱UFJ国際投信)が信託報酬年率0.154%、インデックスとの差異が-0.2%、3年リターンが年率 +6.08%と高評価でした。また、「iFree TOPIXインデックス」(運用会社:大和アセットマネジメント)も信託報酬年率0.154%、1年リターンが+27.46%、3年リターンが年率+6.08%と同程度に高評価でした。

「eMAXIS Slim」シリーズは、業界最低水準の運用コストを将来にわたって目指し続けると運用会社が表明しているインデックスファンドシリーズで、今のところ、日本株式クラスではライバルファンドの信託報酬引き下げに追随しています。さらに、eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)は、純資産残高がまだ395億円なので、今後、500億円を超えると発動する「受益者還元型信託報酬」でさらに信託報酬が下がる余地があります。

2040518_m_20200707.jpg


日本株式クラスのインデックスファンドは、信託報酬 年率0.154% に4本のインデックスファンドがひしめいていて接戦です。

日本株式全体を見ると「バブル経済」時代のPER100~200倍の超割高水準から「失われた20年」を経て、現在、PER17倍と既に正常化していると考えられます。為替リスクがなく、株式のリスクプレミアムを取れる日本株式クラスのインデックスファンドは、もっと評価されて良いのではないかと思います。

また、東証が2022年4月にTOPIXの算出方法を見直す予定と発表しています(概要はこちら)。連続性の確保に十分に留意しつつ、流動性を重視する方向で構成銘柄を選定するとのこと。現在のところ、TOPIX連動インデックスファンドへの影響はあまりないと思われますが、気になるようであれば、落ち着くまで日経平均等に連動する日本株式インデックスファンドに投資するのもひとつの手だと思います。

いろいろありますが結論。

日本株式クラスの主要なインデックスファンドについて、2021年9月末で比較した結果、「eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)」「iFree TOPIXインデックス」が同程度に高評価でした。


こんな記事も読まれてます。

山崎元さん「米国株100%、日本株は不要」という人の落とし穴について語る

東洋経済オンラインに、山崎元氏の「米国株100%、日本株は不要」という人の落とし穴という記事が掲載されています。「米国株100%、日本株は不要」という人の落とし穴 | 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場日本の株価がさえない。一方、アメリカの株価は、一部では「バブル的」と懸念されつつも上昇を続けている。ポピュラーな日経平均株価とNY(ニューヨーク)ダウ30種平均株価を見ると、ともにおおよそ半年前に「3万…toyokeizai....



低コストインデックスファンド徹底比較のカテゴリです。主要なアセットクラスのインデックスファンド比較情報を、定期的に更新しています。




<ご参考1>
上記の高評価インデックスファンドは、以下のネット証券で購入できます。会社名をクリックで口座開設できます(無料)
楽天証券
SBI証券

<ご参考2>
本ブログ記事は、私が執筆・監修した書籍のおすすめインデックスファンド情報のアップデート版という意味もあります。今後も定期的に継続していく所存です。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ