「FACTFULNESS」「敗者のゲーム[原著第8版]」など【最大50%還元】冬のKindle本ポイントキャンペーン

水瀬ケンイチ

madalyn-cox-m_57oq_nwDc-unsplash_20220218.jpg


現在、Kindleストアで「【最大50%還元】冬のKindle本ポイントキャンペーン」を実施しています。

10,000冊以上の対象Kindle本が最大50%ポイント還元されます。そのなかから、当ブログの読者さまにおすすめの本をご紹介します。

FACTFULNESS(ファクトフルネス)」(ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド著)です。

ファクトフルネス(FACTFULNESS)とは、「データを基に世界を正しく見る習慣」のこと。私たちはなんとなく、世界はどんどん物騒になり、環境はどんどん悪化して、いずれ天然資源は尽きてしまうとみんな思い込んでいますが、統計データで見ると、世界はどんどん良くなってきていることがわかります。

本書では世界の本当の姿を知るために、教育、貧困、環境、エネルギー、人口など幅広い分野を取り上げています。いずれも最新の統計データを紹介しながら、世界の正しい見方を紹介します。

いわゆるバイアスの研究本でもあるので、投資における「行動ファイナンス」に通じる部分が多く、投資家、特にインデックス投資家との親和性が高いと思います。ですので、当ブログの読者の方で未読の方はぜひ読むことをおすすめします。




他にも、2022年1月に出たばかりの「敗者のゲーム」の最新刊「敗者のゲーム[原著第8版]」(チャールズ・エリス著)、2021年12月に出たばかりの「人生100年時代の年金・イデコ・NISA戦略」(田村正之著)、2021年11月に出たばかりの「マンガ 会計の世界史」(田中靖浩著)など、新しめのKindle本が最大50%ポイント還元の対象になっています。

他にも、Kindle本10,000冊以上が対象となっているので、ぜひ、興味がある本を探してみてください。

→「【最大50%還元】冬のKindle本ポイントキャンペーン」(KindleストアのキャンペーンTOPページへリンク)

最後に注意事項です。キャンペーンはKindle版が対象です。紙の単行本は対象ではありませんので、ご購入の際にはKindle版であることと、最大50%ポイント還元になっていることをご確認ください。キャンペーン期間は、2022年3月3日(木)までです。これはと思う本があれば、早めにポチした方がいいと思います。

それでは、春を待ちつつ良き読書ライフを。

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ