AERA 2022年7月4日号に水瀬掲載。よく見る「成績の良かった人の属性 1位 亡くなっている人 2位 運用しているのを忘れている人」の情報ソースをフィデリティの人に聞く!?

水瀬ケンイチ

photo20220629.jpg


現在発売中の「AERA 2022年7月4日号」の22~23ページに、水瀬が掲載されています。

もちろん、インデックス投資についての取材記事です。「一番儲かったのは『忘れていた人』 下落にも多忙にも負けないほったらかし投資」というマネー記事で、「全面改訂第3版 ほったらかし投資術」(山崎元・水瀬ケンイチ共著)に関する内容と、自分の投資体験談をお話しました。

がんばっていろいろ話しましたが、じつは私なんかの話よりおもしろいのは、最終段落です。

▼これSNSでよく回ってきますよね
EOjXihbVAAAKM0F.jpg

相場が下落するたびにSNSなどで拡散されてくる「成績の良かった人の属性 1位 亡くなっている人 2位 運用しているのを忘れている人」というフィデリティの顧客パフォーマンス調査資料(?)の情報ソースを、実際にフィデリティ・インスティテュート主席研究員の重見吉徳氏に聞いて検証するくだりです。

これは本物のデータなのか、それともガセネタなのか。気になる検証結果は!?

気になるかたは、AERA 2022年7月4日号の22~23ページをぜひご覧ください。


photo20220629_2.jpg


<追記> 2022/07/01
AERAdot.(アエラドット)の転載で全文読めるようになりました。ご興味があればどうぞ。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-4574.html
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ