積み立て投資は「毎月」と「毎日」どちらのリターンが高いか

水瀬ケンイチ

business-17610_1280_20220831.jpg


積み立て投資のスパンとして「毎月」と「毎日」、どちらのリターンが高いかを調べた興味深い情報があったので取り上げます。

積み立て投資「毎月」と「毎日」 運用成績に大差なし

投資信託の積み立て投資では月に1度購入する「毎月積み立て」が定番だ。一方で、インターネット証券を中心に毎日購入する「毎日積み立て」というサービスもある。同じ投信を積み立てた場合、運用成績に差が付くのだろうか。積み立て投資は定期的に一定の金額ずつ、投資商品を購入する。投信の場合は基準価格が高いときには少ない口数を、安いときには多くの口数を購入することになる。売買のタイミングに悩むことなく、時間の


詳しくは、上記日経記事をご覧いただきたいのですが、つみたてNISA採用のうち2018年の制度開始以前から運用しているファンドを対象として、18年以降22年7月までの期間で積み立てをするバックテストをしたところ、結論としては「大差なし」でした。

それでも、細かく見ていくと、「毎月初 > 毎日 > 毎月末」という微妙な違いが出ていました。私が時々やってしまう月末の積み立てはリターンがあまりよくない模様。



さらに、日別で見てみると、毎月1日~4日あたりのリターンが高い一方、月初ではない24日もなぜか高くなっていておもしろいです。たしか、2年くらい前のブログ記事でも、月内では24日に積み立てるのがいちばんリターンが高かったという調査結果を紹介しました。調査期間もファンドも違うのに、奇妙な一致です。

つみたて投資に最適な日は毎月●日!

モーニングスターに「つみたて投資に最適な日は何日?」というおもしろいデータが掲載されています。...


とはいえ、上記日経記事でも書かれているとおり、先進国株式インデックスや米国株式インデックスの50%前後という大きなリターンのなかの1~2%程度の違いなので、大差なしという結論に異論はありません。

注意点として、2018年から4年ちょっとの調査期間から見えた傾向が、今後も続くという保証はいっさいありません。単に、この調査期間中はこうなりました、というだけです。

ただ、Twitterスペースなどで時々質問が来たり話題になったりするので、インデックス投資家の方々が興味を持っているテーマではあると思います。話のネタにはなりそうなので記録しておきます。あくまでも参考情報で。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ