為替リスクにリスク・プレミアムはあるか

水瀬ケンイチ

rafael-garcin-B9Ka_uf6qTg-unsplash_20221026.jpg

山崎元氏による投資と為替リスクについての記事がトウシルに掲載されています。ぼやかされることが多い「為替にリスク・プレミアムはあるか」という問いにも真正面から答える内容になっており必見です。

投資と為替リスクについて考える | トウシル 楽天証券の投資情報メディア

 本稿の執筆時点(2022年10月)では、年初来進んできた円安が話題になっている。ドル円の為替レートで見て約30円の円安なので注目されるのはもっともだ。一方、内外の株式市場では、主に米国FRB(連邦準備制度理事会)による急激な金融引き締め…


詳しくは上記記事をご覧いただきたいのですが、要旨は以下のとおりなので記録しておきます。

長期では購買力平価が、短中期では内外の実質金利差が影響するが、為替リスクはヘッジしてもしなくても長期的なリターンに大きな差はない。

そして、累積経常収支分だけの為替リスクポジションがヘッジ出来ずに残るのだが、資本取引の大きさに対して影響が軽微であることと、リスクポジションの保有に対するリスク・プレミアムがプラスなのかマイナスなのかは世界の投資家の他の資産のポートフォリオ選択に影響を受けて確定しないことから、「為替リスクの負担は、大まかには、ゼロサム・ゲーム的な構造になっている」と考えていい。

以上が上記記事の要旨をむりやりまとめた結論です。以下は私の個人的な考えです。

上記のうち、累積経常収支分だけの為替リスクポジションがヘッジできずに残るという部分をことさら重要視して、ゼロサムではないので外貨預金やFXでの外貨ロングポジションは有効と主張する人もいます。でも、投資家としてはそれがリターンに対してプラスなのかマイナスなのかが重要であり、それが言い切れないのであれば、ほぼゼロサム・ゲームと考えるのが妥当だと思います。

為替がほぼゼロサム・ゲームだとすれば、為替で儲けようとする行為自体が、市場参加者同士で需給の見通しの違いに賭けるむなしい努力だと私は思います。

投資家としては、リターンに貢献しないリスクは極力取らないようにしたいものですが、リスク・プレミアムを得ようとして海外のビジネス(株式や債券)に投資するのに、頼んでもないのに勝手に付いてくるのが為替リスクだという認識で付き合っています。

為替リスクは、現在のように追加の利益が得られる時もあれば、リーマン・ショックの時のように追加の損失を食らう時もあるものの、海外のビジネスへの投資の際に渋々受け入れなければならない宿命のような要素だと考えています。

なお、投資信託で為替ヘッジありコースを選べば為替リスクから解放されると考えるかたがいらっしゃるかもしれません。しかしながら、為替ヘッジには為替ヘッジコストがかかり、リターンを削るケースが多いため、それで万事解決とはいきません。

投資に限らず、回避できないリスクは分散するに限ります。そういった意味でも、米ドルの為替リスクを集中的に取ることになる米国株集中投資よりも、全世界の通貨に為替リスクを分散させる全世界株式への投資に一定の合理性があると私は考えます。


円安、円高どちらに転ぶかわからないので、どう転んでもあわてないようにする

最初に申し上げておきますが、私は「今後は円高になる」と考えているわけではありません。ただ、円安、円高どちらに転ぶかわからないので、どう転んでもあわてないようにしたいと考えています。その上でお読みください。円相場が32年ぶりの円安だとかまびすしいです。コラム:ドル/円の天井決める米利上げのゴール、155円も視野に=佐々木融氏ドル/円相場はついに148円台まで上昇し、1990年8月以来32年ぶりの水準まで...

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ