「ウォール街のランダム・ウォーカー」「敗者のゲーム」「賭博黙示録カイジ」などの名著が最大80%OFFになるキャンペーン実施中

水瀬ケンイチ

black-friday-2925476_1280_20221119.jpg

現在、Kindleストアで「【ブラックフライデー】最大80%OFF Kindle本キャンペーン」が行われています。

40,000冊以上の対象Kindle本が最大80%OFFになっている見逃せないチャンスです。そのなかから探し出した当ブログの読者さまにおすすめの本をご紹介します。


まずは、「ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版>」(バートン・マルキール著)です。

photo_randomwalker20220621.jpg

ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版>」はインデックス投資のバイブルともいうべき本。個人投資家のための投資ガイドで、世界中で40年以上(もうすぐ50年!)読み続けられているのに、今なお色褪せない投資の基本書です。

『個人投資家にとっては、個々の株式を売買したり、プロのファンドマネージャーが運用する投資信託に投資するよりも、ただインデックス・ファンドを買って、じっと待っているほうが、はるかによい結果を生む』

信じられないかもしれませんが、それをデータ・理論・歴史など多方面から証明しているのがこの本です。私も何かあるたびに繰り返し、繰り返し読んでいます。拙著「お金は寝かせて増やしなさい」もこの本の知見がベースとなっています。

原著第12版ではスマートベータについての記載内容などが拡充されているのですが、個人的な最大の見どころは、エピローグにあると思います。市場参加者全員がインデックス投資をしたらどうなるのか?市場の機能が失われるのではないか?というインデックス投資への批判について、バートン・マルキール氏の明確な見解が初めて記載されています。この手の批判に対しては、もうこれが公式ファイナル・アンサーだと思います。

いま定価から50%OFFですので、未読の方はこれを機にぜひ読んでみていただきたいと思います。当ブログの読者さまには特におすすめ!✊


次は、「敗者のゲーム[原著第8版]」(チャールズ・エリス著)です。

41VOwrHoGyL.jpg

チャールズ・エリス氏によるインデックス投資本で、「ウォール街のランダム・ウォーカー」と並び「インデックス投資のバイブル」の双璧をなす本で、2022年1月に改訂されたばかりの本です。

「市場に勝つ」ことが難しくなった現在、投資で勝ち続ける方法とは何か? すべての投資家に向けたメッセージとして時代を超えて読み継がれる運用哲学のバイブルです。

1.将来、いつ何に、どの程度の資金が必要になるか、目標を立てる
2.その目標を達成するために必要な株式と債券の配分比率を決める
3.株と債券を幅広く分散する
4.投資の基本方針を、ブレずに辛抱強く実行する

シンプルでわかりやすい原則を、最新の裏付けデータ満載で説明しています。内容が端的なので読みやすいという個人投資家が多いです。インデックスファンドを長期的にバイ&ホールドする勇気が湧く名言やデータが満載です。インデックス投資家の一家に一冊置いておくべき名著なので、まだ持っていない方は、実質半額になっているいま手に入れるのが吉だと思います。

(旧版ですが、「敗者のゲーム」の当ブログでの書評はこちら

今なら定価から45%OFFです。


次は、「投資の大原則[第2版] 人生を豊かにするためのヒント」(バートン・マルキール、チャールズ・エリス共著)です。

photo_toushinodaigensoku20220621.jpg

「ウォール街のランダム・ウォーカー」のバートン・マルキール氏と「敗者のゲーム」のチャールズ・エリス氏という2人のカリスマがタッグを組んで書いたインデックス投資本です。本書では「Keep it Simple」を合言葉に、その投資手法をKISS Investingと名づけ、5つのルールをあげています。

- できるだけ若い時から計画的に貯蓄に励む
- 政府や企業の貯蓄優遇や課税軽減制度を最大限に活用する
- インデックスファンドで広範な分散投資を図る
- リバランスを通じて資産配分を守り続ける
- 市場価格の変動に惑わされない

このシンプルな投資を実践するための手順を様々な事例やエピソード、データを駆使して解説します。インデックス投資のエッセンスがてんこ盛りです。

いまなら定価から50%OFFです。


次は、「おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密」(高井浩章著)です。

51aOk1huMZL.jpg

本書は笑いと涙の実用エンタメ青春小説です。

「この世には、おカネを手に入れる方法が6つあります」
平凡な中2男子の「僕」と町一番のお金持ちの少女は、謎の大男が顧問を務めるヘンテコな「そろばん勘定クラブ」に突然放り込まれた――。

日本経済新聞編集委員の高井浩章氏が、自身の3人の娘たちに「面白い物語を読んでいるだけで、お金や経済の仕組みがわかる本」を読ませたいと7年かけて「家庭内連載」した小説を書籍化したのが本書です。お金のこと、経済のこと、資本主義市場の「神の見えざる手」のこと、ピケティの「R>G」など、謎の先生から投げかけられる質問に中学生たちが考え、悩み、答えに近づいていくなかで、読者の私たちは、わかりやすく学べます。

それでいて、本書は単なる先生と生徒の問答形式の解説本ではなく、登場人物たちには、それぞれ知られざる過去、家業への嫌悪感、淡い恋心など物語があり、ぐいぐい惹き込まれます。そしてラストはまさかの展開が……これから先は皆さんが読んで体験してください。

高井浩章氏は日経電子版で「マネーの世界 教えて高井さん」という動画解説コーナーを持っていて、図表をふんだんに使い3つのポイントにまとめて解説するなど、これもまたわかりやすいのですが、経済のことをよくわかっている人が(娘さんたちのために)「わかりやすく伝える」ことに特化して練りに練って7年の月日をかけて作り上げたのが本書です。わかりやすいに決まってますね!

そもそもお金のことがよくわからないという方、投資未経験者、投資初心者の方に、特におすすめです。(それから、心がすっかり汚れてしまった我々中年の心も少し浄化してくれるかも)

いまなら定価から55%OFFです。さらに、kindle unlimited会員なら0円で読み放題です。


最後に、マネー本といえるか微妙ですが、賭博黙示録カイジが定価から71%OFFの99円(!)になっていたのでご紹介しておきます。


61yGZ7ThoQL.jpg

512gyUfAQXL.jpg

61iDJTSsaaL.jpg


以上、当ブログをご覧の皆さまにおすすめの本をチョイスしました。上記で紹介した本以外にも、Kindle本40,000冊以上が最大80%OFFになっています。ぜひ、他にも興味がある本を探してみてください。

【ブラックフライデー】最大80%OFF Kindle本キャンペーン

注意事項です。キャンペーンはKindle版の本が対象です。紙の単行本は対象ではありませんので、ご購入の際にはKindle版であることと、割引価格になっていることをご確認ください。そして、キャンペーン期間は、2022年12月1日(木)までです。これはと思う本があれば、早めにポチした方がいいと思います。

それでは、秋の夜長によき読書ライフを。

関連記事




投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ