NISAを始めた人はお金が2.4倍!?

※本ブログでは記事中にPRを含む場合があります

analytics-3291738_1280_20230213.jpg


きょう2月13日「NISAの日」に朗報です。Finasee(フィナシー)のマネー・トリビアに、NISAを始めた人はお金が2.4倍!?「まだやってない」人が直視すべき現実という記事が掲載されていました。


詳しくは上記記事をご覧いただきたいのですが、主旨をむりやりまとめると、一般NISAの当初の投資上限額は年間100万円(現在は120万円)で、仮に全世界株式ファンド100万円分を2014年初から投資し、ロールオーバーを経て2021年末まで保有していた場合、約245万円に増えている計算になるとのこと。


各年のリターンで見るとマイナスの年もありますが、直近2021年末まで運用し続けるといずれもプラスのリターンとなっており、2倍以上のリターンになっている年さえあることがわかります。

ふだん年度ごとの損益をあまり見ないのですが、私自身の一般NISA口座を見てみたら、やはり全世界株ETF(VT)が2倍以上に増えていました。

投資にはリスクがあり損失を被る時期もありましたが、自分のリスク許容度の範囲内で10年単位で長期投資すると、それなりに増えていくものだなとあらためて思いました。

2024年度から始まる新しいNISA制度は、非課税期間が「無期限」となります。長期投資をやる人とやらない人との差は大きくなる一方です。

関連記事