「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」23年2月分を実行。ブログで記録をはじめてから212ヶ月目

※本ブログでは記事中にPRを含む場合があります

money-2696235_1280_dollar20210128.jpg


「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」の2023年2月分の積み立て投資を、本日2月22日に行ないました。 ブログで記録をはじめてから212ヶ月目の積み立てになります。(積み立て自体はもう少し前から行っています)

※「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」とは、積み立て投資の退屈対策のためにやっている投資法に付けたテキトーな名前です。詳しくはこちらを参照

日米の株価が少し下がったので、今月はここで投資しました。



積み立てた商品はいつもと同じで以下のとおり。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
個人向け国債 変動10年

先月に引き続き、本業、副業ともにろくでもない事が続発しておりストレスフルです。何度投げ出したいと思ったことか。ただ、そんななかでも投資は比較的順調に推移しています。

今まで時間をかけて収入の複線化を図り、①本業、②副業、③投資という3本柱を作ってきたことが奏功している形です。どれかが不調でも他で少しはカバーできるのでなんとかなると思えるのは、生きていく上で大きな心の支えになります。

とはいえ、本業収入の割合が大きいし、副業収入の割合は小さいし、投資のリターンは運の要素が大きいのが現実です。

自分でコントロールできるのは、どこにどれだけ労力をかけるか。自分ひとりですべてのことに同じ労力をかけるのは不可能なので、手間をかけるところ(自分が頑張る)と、手間をかけないところ(自動化する、他人が頑張る)のメリハリをつけてやってます。

投資においては、今後も世界中に分散した低コストなインデックスファンドなどを愚直に積み立てて、投資を続けていきたいと思います。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。


▼直近の資産配分(年2回更新)

2022年6月末の資産配分(アセットアロケーション)と主な投資商品、今後の投資方針

毎年2回、6月末と12月末に資産配分(アセットアロケーション)の把握をしています。昨日、2022年6月末の資産配分を確認しました。年明けから国内外の株式市場が軟調でしたが、果たしてどうなっているのでしょうか。◆資産配分(アセットアロケーション)日本株式 4.2%先進国株式 61.0%新興国株式 5.0%REIT(国内外) 1.7%外国債券 1.9%日本債券 26.10%前回(半年前)のお正月の資産配分確認結果を受けて、1月に行ったリバ...

関連記事