ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第13版>が来る!

水瀬ケンイチ

randomwalker13.jpg

インデックス投資のバイブル「ウォール街のランダム・ウォーカー」(バートン・マルキール著)の最新版である「原著第13版」の日本語版が5月26日に発売されます。

Amazonの内容紹介は以下のとおり。

【内容紹介】
◆全世界で読まれている「投資のバイブル」
 1973年の初版以来、全米累計200万部を超え、「投資の名著」として絶賛されるベスト&ロングセラー、A Random Walk Down Wall Streetの最新版。本書の主張は「インデックスファンドへの投資がベスト」というシンプルなものだが、類書と異なる点は、なぜ他の投資方法がインデックス投資に比べて劣っているのかを、データを示してしっかり論じているところだ。過去のデータを鑑み、アクティブファンドの長期リターンが市場平均を下回ることを証明し、「猿がダーツで選んだポートフォリオを運用するのと等しい」とこき下ろすあたりは、読んでいて痛快かつ明快である。

 硬派な内容でありながら、数式はほとんどなく、グラフや表を多用しており、初心者にも理解しやすくなっている。間抜けなテクニカル分析手法やチューリップからITに至るバブルの話など、読み物としても面白く読める。

◆改訂版の特徴
 原著第13版は初版から50周年の記念版。著者のマルキール氏はインフレは当面続くとみているが、その中でもこれまで示してきたインデックスファンド投資が最強という論を引き続き展開する。

 新たな内容としては暗号通貨、NFT、ミーム株(オンラインコミュニティで人気になり、一時的に高値がつく株)について触れるが、これらも最終的には有効ではなく、これまでの手法の良さをさらに強調する材料となるだけである。

【目次】
 第1部 株式と価値
第1章 株式投資の二大流派
第2章 市場の狂気
第3章 1960年代から90年代にかけてのバブル
第4章 21世紀は巨大なバブルで始まった

 第2部 プロの投資家の成績表
第5章 株価分析の二つの手法
第6章 テクニカル戦略は儲かるか
第7章 ファンダメンタル主義者のお手並み拝見

 第3部 新しい投資テクノロジー
第8章 新しいジョギング・シューズ――現代ポートフォリオ理論
第9章 リスクをとってリターンを高める
第10章 行動ファイナンス学派の新たな挑戦
第11章 「スマート・ベータ」と「リスク・パリティー」--新しいポートフォリオ構築方法

 第4部 ウォール街の歩き方の手引
第12章 財産の健康管理のための10カ条
第13章 インフレと金融資産のリターン
第14章 投資家のライフサイクルと投資戦略
第15章 ウォール街に打ち勝つための三つのアプローチ

ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第13版> 株式投資の不滅の真理 Amazon商品ページより)


私は2001~2002年頃に「ウォール街のランダム・ウォーカー」を読んで衝撃を受け、いまの投資スタイルになりました。ブログのタイトル「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」もそのオマージュです。

原著第13版では新たに暗号通貨、NFT、ミーム株について追記されるものの、これらも最終的には有効ではなく、これまでのインデックスファンドへの投資の良さをさらに強調する材料となるとのこと。

「発行50周年記念版」というオビも強烈です。時代をこえて読みつがれ、時の洗礼を受けてなお第一線で通用する内容となっているのがすごい。今までも改訂される度に穴があくほど読んできましたが、原著第13版もはやく読みたくて仕方がありません。

現在、単行本が予約受付中です。おそらく同時発売になるであろうKindle版とどちらにするかもう少し悩もうと思いますが、必ず買って読みます。「ウォール街のランダム・ウォーカー」マニアですから。

ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第13版> 株式投資の不滅の真理


関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ