【全世界株式】低コストインデックスファンド徹底比較(23年6月末)

※本ブログでは記事中にPRを含む場合があります

globe-34526_640.png


「低コストインデックスファンド徹底比較」シリーズ記事として、全世界株式クラスの主要なインデックスファンドについて、2023年6月末で比較しました。

※当シリーズ記事の説明書きとして、まずは『新シリーズ!「低コストインデックスファンド徹底比較」開始。まずは説明書き』をぜひご覧ください。

photo20230712_allcountry_2.png

全世界株式クラスの比較対象インデックスは、「MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス」と「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」です。日本を含む全世界株式と日本を除く全世界株式に分かれます。

全世界株式クラスのインデックスファンドは、これ1本で、もしくは日本株式クラスのインデックスファンドと組み合わせて、かんたんに世界の株式時価総額比率(世界市場ポートフォリオ)で投資することができるので、資産配分に納得ができればとても便利です。

日本を含む全世界株式クラスでは、「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」(運用会社:三菱UFJ国際投信)がインデックスとの差異 +0.3%、1年リターン +21.15%、3年リターン年率 +22.55%と相対的に高評価でした。

eMAXIS Slimシリーズは2023年5月11日に信託報酬の引き下げを行いました。調査時点(2023年6月末)の純資産残高1兆2500億円で、5000億円、1兆円以上になった場合に段階的に発動する「受益者還元型信託報酬」の対象ゾーンに入っており、元の信託報酬年 0.1133% を純資産残高で加重平均して年 0.1132% と表示しています。

「SBI・全世界株式インデックス・ファンド」(SBIアセットマネジメント)の方が信託報酬、実質コストは安いのですが、1年リターン、3年リターンが相対的に低かったことと、インデックスとの差異に +1.5% という大きな異常値(要因は投資先ETFのトラッキングエラー等)が出ており、評価を落としています。ちなみに、半年前は -1.7% というマイナス方向の大きな異常値が出ていました。どうも安定しません。

さらに、「SBI・全世界株式インデックス・ファンド」の後に新規設定された「SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド」にいたっては、同じ運用会社の新ファンドであるにもかかわらずコスト的にもリターン的にも前者に劣っており、今のところ存在意義が不明です。

同様に、新規設定された「Smart-i Select 全世界株式インデックス」(りそなアセットマネジメント)は、第1期の運用報告書が出たので参考扱いを脱して評価したところ、「インデックスとの差異」以外は各評価項目で上位ファンドに一歩及ばずという実績でした。純資産残高が7億円しか集まっていないのも気になります。

「たわらノーロード」シリーズが、4月7日から信託報酬を引き下げています。今後、だんだんと運用実績向上に効いてくると思われます。

また、「PayPay投資信託インデックス 世界株式」(PayPayアセットマネジメント)と「Tracers MSCIオール・カントリー・インデックス(全世界株式)」(日興アセットマネジメント)が新規設定されました。信託報酬が年0.1%を切る水準に挑戦してきています。第1期の運用報告書が出るまでは「参考」扱いでウォッチしていきたいと思います。

日本を除く全世界株式クラスでは、「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」(運用会社:三菱UFJ国際投信)が、信託報酬 年0.1133%、実質コスト 年 0.15%、インデックスとの差異 +0.3%、1年リターン +20.93%、3年リターン年率 +22.98%、5年リターン年率 +14.49% と全評価項目で1位の高評価でした。

調査時点(2023年6月末)で純資産残高2783億円で、2500億円、5000億円以上になった場合に段階的に発動する「受益者還元型信託報酬」の対象ゾーンに突入しています。元の信託報酬年0.1133%を純資産残高で加重平均したところ同じく年 0.1133% でした(まだ小数点第5位以降しか変わらない)。

新規設定された「Smart-i Select 全世界株式インデックス(除く日本)」(りそなアセットマネジメント)は、第1期の運用報告書が出たので参考扱いを脱して評価したところ、「インデックスとの差異」以外は各評価項目で上位ファンドに一歩及ばずという実績でした。純資産残高が4億円しか集まっていないのも気になります。

juliana-kozoski-IoQioGLrz3Y-unsplash_20210711.jpg

全世界株式クラスは、以前は商品がごく限られていましたが、新規ファンドの参入や信託報酬の引き下げで、競争が激しくなってきました。

日本株式クラス、先進国株式クラス、新興国株式クラスのインデックスファンド3本を株式時価総額比率(世界市場ポートフォリオ)で組み合わせるのと、全世界株式インデックスファンド1本だけ持つのとで、運用コストはほぼ同じとなります。リスク資産は「もうこれ1本でいい!」というインデックス投資家が増えてきたのだと思われます。インデックスファンドの「ファイナル・アンサー」の香りがします。

いろいろありますが結論。

全世界株式クラスの主要なインデックスファンドについて、2023年6月末で比較した結果、日本を含む全世界は「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」、日本を除く全世界は「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」が相対的に高評価でした。


低コストインデックスファンド徹底比較のカテゴリです。主要なアセットクラスのインデックスファンド比較情報を、定期的に更新しています。



<ご参考1>
上記の高評価インデックスファンドは、以下のネット証券で購入できます。会社名をクリックで口座開設できます(無料)
楽天証券
SBI証券

<ご参考2>
本ブログ記事は、私が過去に執筆・監修した書籍に掲載したおすすめインデックスファンド情報のアップデート版という意味もあります。今後も定期的に継続していく所存です。

関連記事