【速報】信託報酬クラス最安値 年0.057%の「ニッセイ・S米国株式500インデックスファンド」登場との報道

水瀬ケンイチ

Nissay_asset_logo.jpg

日本経済新聞は、ニッセイアセットマネジメントが11月に信託報酬年0.057%の「ニッセイ・S米国株式500インデックスファンド」を新規設定すると報道しています。


報道によるとニッセイアセットは投信の新シリーズ「ニッセイ・S」を投入し、その第1弾が米国株に投資する「ニッセイ・S米国株式500インデックスファンド」となるとのこと。

気になる商品概要をわかる範囲でまとめると以下のとおり。

ニッセイ・S米国株式500インデックスファンド
・ソラクティブGBS米国500指数連動
・信託報酬 年0.057%(税込)
・設定日 2023年11月(日付不明)

信託報酬 年0.057%は米国株式クラス最安値となります。ニッセイアセットマネジメントはインデックスファンド「購入・換金手数料なし」シリーズの運用で手堅い実績があり、このインデックスファンドにも期待が持てそうです。

ファンド名に「米国500」と付いていますが、ベンチマークはS&P500ではなく、ドイツの指数算出会社ソラクティブが提供する「ソラクティブGBS米国500指数」となっています。指数として「十分に代替可能」(ニッセイアセット)と判断した模様です。さらに、このソラクティブの指数に連動した外国株ファンドを年内に追加投入する方針とのこと。

まだ報道レベルなので、ニッセイアセットの公式発表を待ちたいと思います。


<追記> 2023/10/17 18:00


<追記> 2023/10/18 18:30
ニッセイアセットマネジメントの公式発表がありました。日経新聞の報道内容と異なる箇所がありましたので、続報をご確認ください。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ