【速報】楽天証券が楽天・オールカントリーと楽天・S&P500の信託報酬の一部を還元との報道

※本ブログでは記事中にPRを含む場合があります

rakutensec.gif

既に新規設定が発表されている「楽天・オールカントリー」「楽天・S&P500」について、楽天証券が信託報酬の一部を投資家に還元するサービスを始めると日本経済新聞が報道しています。


詳しくは上記記事をご覧いただきたいのですが、趣旨をむりやりまとめると、楽天・オールカントリーと楽天・S&P500の信託報酬のうち楽天証券の取り分を投資家にポイントとして還元するとのこと。

報道内容が正しければ、楽天・オールカントリーの信託報酬年0.05775%のうち、販売会社の取り分の年0.01925%がポイント還元されると思われます。同じように、楽天・S&P500の信託報酬年0.09372%のうち、販売会社の取り分の年0.03751%がポイント還元されると思われます。

このポイント還元を計算に入れれば業界最安だと日経新聞はいいたいのでしょう。

まず、日経新聞の先行報道は正しくない場合があること(先日もニッセイの新規ファンドで誤報がありました)。そして、信託報酬の変更には金融庁への届出が必要なところ、ポイント還元はそれが不要で販売会社(=楽天証券)の一存でいつでも減額したり廃止したりできるもので過信は禁物だということを念頭に置く必要があると思います。

その上で、楽天証券の公式発表を待ちたいと思います。おそらく、楽天・オールカントリーと楽天・S&P500が設定される明日、何らかの発表があるのではないでしょうか。




<追記> 2023/10/27
楽天証券の公式発表があり続報を書きましたのでご覧ください。


【公式発表】楽天証券、投信残高ポイントプログラムが低コストファンド2本(楽天・オールカントリー、楽天・S&P500)を対象に復活! - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)
関連記事