【速報】「つみたてiシェアーズ 米国株式(S&P500)インデックス・ファンド」が新規設定され運用コストがクラス最安値更新となる見込み

水瀬ケンイチ

BlackRock.png

ブラックロック・ジャパンが「つみたてiシェアーズ 米国株式(S&P500)インデックス・ファンド」を新規設定するようです。運用コストが米国株式クラス最安値更新となる見込みです。

EDINETによると、気になる概要は以下のとおり。

つみたてiシェアーズ 米国株式(S&P500)インデックス・ファンド(愛称:つみたてS&P500)
・S&P500指数(配当込み、円換算ベース)
・購入時手数料 なし
・換金時手数料 なし
・信託財産留保額 なし
・信託報酬
 2026年5月7日までの期間 年0.0586%(税込)
 2026年5月8日以降の期間 年0.09072%(税込)
・設定日 2023年11⽉17⽇
・販売会社 マネックス証券、みずほ信託銀行
 ※みずほ信託銀行での取扱いは、当初申込(委託会社による自己設定)にかかる取扱いに限る

信託報酬が安い時期がありますが期間限定で、その後は値上がりする設定になっています。ただ、値上がり後の信託報酬もクラス最安値となっており、超・低コストインデックスファンドには変わりないです。

資料上はファミリーファンド形式となっていますが、マザーファンドを通じてブラックロックの米国ETF(IVV)に投資するファンド・オブ・ETFsの形のようです。このファンドの信託報酬に、投資先のETFの経費率が上乗せされた実質的な信託報酬が、上記の数字となっています。

EDINETだけの情報なので、一般販売されるのか、NISAや確定拠出年金専用なのかは現時点では不明です。続報を待ちたいと思います。


<追記> 2023/10/30 18:45
マネックス証券が取り扱いを公式発表しました。一般口座・特定口座・現行NISA・新NISAで購入可能となる予定で、マネックス証券専用ファンドとのこと。
S&P500に連動し、信託報酬が最低水準であるファンドの取扱いを開始|マネックス証券株式会社のプレスリリース


マネックス証券の口座開設はこちら(PR)
マネックス証券
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ