姉さん、釣り場で事件です

水瀬ケンイチ

photo20231102.jpg


先日、家族と釣りにいってきました。暑くも寒くもない秋晴れで、のんびり釣りをするには最高の季節です。早朝5時に起きてシェアサイクルに乗り、いつもの城南島海浜公園へ。

(投資とは関係のない雑談です。ご興味がある方はどうぞ)


じつは少し前にも釣りにきたのですが、その時はあいにくのボウズ(釣果ゼロ)。なんでもいいから1匹は釣りたいという思いで釣り始めます。仕掛けはサビキで狙いは(ここで釣れたことがない)アジです。

すぐ真上を飛ぶ飛行機(城南島海浜公園は飛行機撮影スポットしても有名)を楽しみつつ、おだやかな海をながめて釣り糸をたらしていると、日常生活のストレスもコマセと一緒に海にとけだしていきます。

すぐに竿先にビクビクというアタリがあり、釣れました。アジではなくサッパでした。12~13cmくらいでしょうか。小さくても、狙いとは違っても、やっぱり1匹目はうれしいものです。記念すべき1匹目の写真を撮ろうと、竿を柵に立てかけて荷物からスマートフォンをあさっていたその時……

突然後ろから白い影があらわれ、仕掛けに付いてピチピチ暴れている魚に飛びかかり、くわえて逃走!!

「待てコラ~!!」とお魚くわえたどら猫を追いかけるも、素早く公園の反対側の茂みに逃げていきました。釣り場に住み着いている野良猫です。一瞬の隙をつかれてまんまとやられました。漫画のような一幕に妻も爆笑です。

その後、肩の力が抜けたのか妻の方にサッパが次々とかかり、手返しもよく数を重ねていきました。私の方はサッパは最初の1匹だけ(しかも猫に奪われた)でなかなか釣れない時間が続きましたが、深めのタナで粘っていたらようやく良型のコノシロが釣れました。近くで釣っていたおじさんは投釣りでアナゴを釣り上げていました。


いつしか食い逃げ犯の猫もしれっと戻ってきて、私たちの周りで座っています。おそらく、追加メニューを待っているのだと思われます。魚が釣れた時には奪われないように魚を守りながら取り込みました。

どうやら湾内にサッパとコノシロの群れが回ってきており、まだまだ釣れそうな感じでしたが、自分たちで食べられる分を釣ったら納竿。自分たちが出したゴミと周りのゴミを袋に入れて撤収です。私は帰ったあとに魚をさばくという仕事が待っているので、釣りだけで体力を使い果たすわけにはいかないのです。

帰宅してすぐサッパは頭と肝を取り、コノシロは大きかったので三枚におろしてから一口サイズに切り、片栗粉をつけて唐揚げに。揚がった魚はきざんだ野菜・鷹の爪といっしょにお酢・みりんなどの調味料で半日南蛮漬けにしました。漬けている間、ビールでエネルギーをチャージしてしばし昼寝、体力回復です。完成した南蛮漬けは酸っぱ辛くて食欲をそそる仕上がりで、夕飯の一品として家族でおいしくいただきました。

たまにはのんびりと釣りをするのもいいもの。釣れるとさらにいいもの。また行きたいと思いました。「今度こそアジを釣りたい」と釣りのYouTube動画を見ながら妻が申しております。狙っていきたいです。



▼サビキはこういう仕掛けで餌は付けません(PR)
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ