新しいNISAについて、金融庁政策立案総括審議官、日本証券業協会副会長、三菱UFJアセットマネジメント社長、みんなのお金のアドバイザー協会副理事長の意見

水瀬ケンイチ

28068001_m_20231105.jpg


日経電子版に新しいNISAについて、金融庁政策立案総括審議官、日本証券業協会副会長、三菱UFJアセットマネジメント社長、みんなのお金のアドバイザー協会副理事長の意見が掲載されていました。


詳しくは上記記事をご覧いただきたいのですが、個人的に印象深かったコメントを抜粋しました。

つみたてNISAなどでは分散投資を目指しているので、海外投資は家計にとってある程度は自然な対応だ。
したがって国内企業への資金供給は家計の資産形成を犠牲にするのではなく、国内企業が魅力を高めることで実現されるべきだ。

(金融庁政策立案総括審議官 堀本善雄氏)

そのとおり。政治家や経済団体のお偉方から日本人は日本株に投資するべきだという言説をよく見ますが、言語道断です。投資主体の大半が外国人投資家であり、今まで国内企業の株式に資金が回らなかったのは単に国内企業のリターンが低かったからです。

国内企業は株主にリターンで報いるように、もっと必死に株式保有の魅力を高めてほしい。金融庁はわかっているようで良かったです。

衆参両議院の付帯決議で「長期的な資産形成を支援する制度趣旨を逸脱した利用を抑制する」とされ、合理性のない回転売買などを防ぐ監督指針も作成される。販売業者として顧客本位の業務運営を絶えず模索していくつもりだ。

(日本証券業協会副会長 岳野万里夫氏)

回転売買もそうですが、通貨選択型&毎月分配型投信やノックイン型投信や仕組み債のような質の悪い商品はもう作らせないでほしい。次から次へと出てくるしょうもない商品に対するブログでの注意喚起もいい加減疲れてきました。

素人投資家の射幸心をくすぐって小遣い稼ぎするのではなく、インデックスを上回る本格アクティブ投信を作り、インデックス投資家を黙らせる高パフォーマンスを上げていき世界中から投資家を集め、それに見合う手数料を堂々と取ればよいではないですか。頑張ってほしいと思います。

新NISAを控え、信託報酬引き下げの動きが出ている。弊社も9月に主力ファンドの信託報酬を半額程度にして業界最低水準を維持した。採算を心配する声も聞くが、収益は「信託報酬率×残高×保有期間」で決まる。新NISAで残高と保有期間が拡大すれば収益性は維持できるだろう。

(三菱UFJアセットマネジメント社長 横川直氏)

ご存知「eMAXIS Slim」シリーズの運用会社ですが、信託報酬引き下げによる採算割れを心配する声を一蹴してくれています。収益は「信託報酬率×残高×保有期間」であり、残高と保有期間を伸ばすことで低信託報酬でも採算は取れるということだと思います。頑張ってほしいと思います。

来年設立予定の金融経済教育推進機構では「認定アドバイザー」の仕組みができる。認定の条件は①販売をしない②金融機関から報酬をもらわない――となり、金融商品仲介業者や保険募集人は対象外となる方向だ。

(お金のアドバイザー協会副理事長 岩城みずほ氏)

「認定アドバイザー」の仕組み、気になります。販売をせずに金融機関から報酬をもらわないアドバイザーの理念は素晴らしいので、たくさん現れるといいなと思います。一方で、アドバイザーが仕事として食べていけなければ早々に廃れたり、質の悪い儲け方を始めるでしょうから、職業として成立する仕組みとあわせて作っていただければと思います。頑張ってほしいと思います。

新しいNISA制度は、単に個人投資家のリターンが非課税になるだけでなく、当局、金融機関、アドバイザーなど思っていた以上に多方面にわたり変革を促していくことになりそうです。

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ