楽天証券、米ドル↔円の為替取引手数料を片道3銭へ大幅値下げ!

水瀬ケンイチ

rakutensec.gif

楽天証券は、2023年12月1日より米ドル↔円の為替取引手数料を片道25銭から片道3銭へ値下げすると発表しました。楽天証券で米国株や米国ETFに投資している投資家にとっては特大クラスの朗報です!


楽天証券の往復手数料は6銭となり、SBI証券、マネックス証券、松井証券、auカブコム証券をおさえ業界最安水準となります。


これまで為替取引手数料が他のネット証券と比べて高い(他社が値下げしたのに楽天は下げなかった)ことは楽天証券の課題のひとつだったのですが、これで楽天証券が一気に米国株・米国ETF投資のトップランナーへ。

個人的にも、米国ETFの「Vanguard Total World Stock ETF」(VT)等をドル建てで大量に保有しており、将来、取り崩して円転する際に為替取引手数料が3銭で済むというのはとても心強いです。

ただし、米国株式取引円貨決済、定時為替取引(米ドル)、外貨建てMMF、米国株配当金の円貨での受取、債券円貨決済(利金・償還金含む)は対象外とのことなので、そこは注文時に気をつけたいところ。そして競合他社の追随はあるのか!?

なにはともあれ、長年の課題を解決してくれた楽天証券さんグッジョブ!👍


楽天証券の口座開設はこちらからどうぞ(PR)
楽天証券


▼証券会社の手数料が値下げされるたびに出てくるこの質問。ご参考まで。

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ