楽天投信から日経225と先進国株式の超・低コストインデックスファンド登場!しかも楽天証券の投信残高ポイントプログラム対象

水瀬ケンイチ

rakuten_toshin.jpg

楽天投信投資顧問は「楽天・日経225インデックス・ファンド」「楽天・先進国株式(除く日本)インデックス・ファンド」を新規設定すると発表しました。しかも、楽天証券の投信残高ポイントプログラム対象になるとのこと。

楽天投信投資顧問 公式WEBサイト お知らせ
2023/12/05 「楽天・日経225インデックス・ファンド」「楽天・先進国株式(除く日本)インデックス・ファンド」新規設定のお知らせ

気になる商品概要は以下のとおり。

楽天・日経225インデックス・ファンド
・配当込み日経平均株価(日経平均トータルリターン・インデックス)連動
・購入時手数料 なし
・換金時手数料 なし
・信託財産留保額 なし
・信託報酬 年0.132%(税込)
・設定日 2023年12⽉22⽇
・販売会社 楽天証券

楽天・先進国株式(除く日本)インデックス・ファンド
・MSCIコクサイ・インデックス(円換算ベース)連動
・購入時手数料 なし
・換金時手数料 なし
・信託財産留保額 なし
・信託報酬 年0.088%(税込)
・設定日 2023年12⽉22⽇
・販売会社 楽天証券

日経225、先進国株式ともに信託報酬がクラス最安水準です。超・低コスト!

しかも、販売会社である楽天証券は、投信残高ポイントプログラム対象とすると発表しました。



日経225のポイント還元率が年 0.053%、先進国株式のポイント還元率が年 0.033%となります。個人的にポイントはいつ改悪・廃止されてもおかしくないオマケ扱いだと考えていますが、楽天証券は「ファンドの信託報酬とポイント還元を加味したお客様の実質的なコスト負担は、さらに軽減されます」と説明しています。

インデックスファンドの運用コスト競争もここまでくると0.0X%の僅差です。それでも、最安値クラスというのはやはりインパクトがあります。競合他社は追随するのか、しないのか。

なにはともあれ、楽天投信投資顧問&楽天証券さんグッジョブ!👍


楽天証券の口座開設はこちらからどうぞ(PR)
楽天証券
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ