マネックス証券、クレカ積み立ての上限額を月5万円→月10万円へ増額対応すると発表

※本ブログでは記事中にPRを含む場合があります

monexlogo_20190708.gif

マネックス証券は「マネックスカード」での投資信託の購入上限額を、2024年に予定されている金融商品取引法に関する内閣府令が改定され次第速やかに、月5万円から月10万円に増額できるよう対応すると発表しました。


今まで、クレジットカード払いによる投信積み立ては月5万円までで各社横並びでしたが、月10万円までに上限額を増額することに対応するとマネックス証券が明言しました。法令のしばりがなくなれば、証券会社にとって積み立て上限金額を少ないままにしておくことにメリットはないので、おそらく競合他社も検討を進めていると思われます。

ところで、マネックス証券の上記お知らせの中に、現在のクレカ積み立てサービスのポイント還元率比較表が掲載されていました。よくまとまっているので記録しておきます。


こうして見ると、クレカ積み立てに対応する証券会社が増えてきましたね。還元率は0.5%、1.0%あたりがボリュームゾーンで、マネックス証券の1.1%は頭ひとつ抜けて高くなっています。

ポイント関連はいつ改悪・廃止されてもおかしくありませんが、銀行口座振替にするくらいだったらクレカ払いにしておいた方がよいですね。


マネックス証券の口座開設はこちらからどうぞ(PR)
マネックス証券
関連記事