オルカン5連覇!「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2023」

※本ブログでは記事中にPRを含む場合があります

champions-1411861_1280.jpg


毎年恒例の「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2023」が発表になり、「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」(三菱UFJアセットマネジメント)が見事栄冠を勝ち取りました。5連覇です。おめでとうございます!

1位 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)(三菱UFJアセットマネジメント)

2位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド(ニッセイアセットマネジメント)

3位 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)(三菱UFJアセットマネジメント)
4位 バンガード・ トータル・ワールド・ストックETF(VT)(ザ・バンガード・グループ・インク)
5位 eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)(三菱UFJアセットマネジメント)
6位 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス(三菱UFJアセットマネジメント)
7位 結い 2101(鎌倉投信)
8位 たわらノーロード 先進国株式(アセットマネジメントOne)
9位 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)(三菱UFJアセットマネジメント)
10位 ひふみ投信(レオス・キャピタルワークス)

1位の「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」は、国内株式・先進国株式・新興国株式に投資する全世界株式インデックスファンドです。純資産残高の増加とともに信託報酬が下がる「受益者還元型信託報酬率」のしくみを持つ超・低コストかつ高品質な運用で、今年も他のファンドを圧倒していました。なお、同時開催されていた「#TwitterFundOfTheYear2023」でも1位でした。

オルカン以外にもたくさんの投信がトップ10にランクインした三菱UFJアセットマネジメント強し、という感じですね。インデックスファンドはいわゆる「規模の経済」が働くビジネスなので、強いインデックスファンドがますます強くなっていく傾向が見て取れます。今後、オルカンを超えてくるファンドが出てくるのかどうか、期待したいと思います。

上位を獲得した運用会社の皆さま、おめでとうございます。今後とも、個人投資家に愛されるファンドを育てていただきたいと思いますし、私たち個人投資家も勉強しながら応援していきたいと思います。

あらためまして、「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」を運用する三菱UFJアセットマネジメントさん、5連覇おめでとうございます!




関連記事