日経平均が1990年2月以来33年11カ月ぶりの高値を更新したとのことですが、こんな時こそ…

※本ブログでは記事中にPRを含む場合があります

micah-tindell-u6DuzNq2jMg-unsplash_20240122.jpg

本日、日経平均株価は前週末比583円高の3万6546円をつけ、1990年2月以来、33年11カ月ぶりの高値を更新したとのこと。


株価が上昇すると、投資家は興奮し、焦りを感じることがあります。しかし、冷静になって、感情をコントロールすることが重要です。以下は、株価上昇時に心を落ち着けるための方法の一例です。

投資目的を再確認する
投資の目的を再確認し、長期的な視野で投資していることを思い出しましょう。特にNISAでの投資は、短期的な利益を追求するためのものではありません。投資目的を明確にすることで、冷静になることができます。

リスク管理を徹底する
株価上昇によって、投資家はリスクを忘れがちになります。しかし、リスク管理を徹底することで、冷静になることができます。投資家は、自分がどの程度のリスクを取っているのかを把握し、リスクに対する対策を講じることが重要です。

リスク管理の方法としては、ポートフォリオ全体のリスクをツールで計算して、自分のリスク許容度の範囲内に収まっているかを確認することが有効です。もし、リスクが高すぎた場合は、資産配分の株式比率を下げたり、投資金額自体を減らすことを検討するとよいです。

投資家仲間と話し合う
投資家仲間と話し合うことで、冷静になることができます。投資家仲間は、同じような状況に直面しているため、共感することができます。また、投資家仲間からアドバイスを受けることで、冷静になることができます。

以上の方法を実践することで、株価上昇時に心を落ち着けることができるかもしれません。高ぶる気持ちはわかりますが、航路を守って、ともに生き残りましょう。


関連記事