みんかぶ(MINKABU)から寄稿の再依頼。今度はBardに推敲してもらいました

※本ブログでは記事中にPRを含む場合があります

3319092_m_20210107.jpg

先日、みんかぶ(MINKABU)から寄稿の依頼があり執筆したところ、編集部のかたから「記事が大反響で大変助かった」との言葉とともに、さらに追加でもう一本、執筆してほしいとの依頼をお受けしました。

編集さんとテーマの詳細をすり合わせたうえで、寄稿をふたたび執筆しました。そしてまた原稿はAIに推敲してもらいました。前回、いろいろなAIを試してみたのですが、自分にはGoogleの「Bard」のアドバイスがしっくり来たので、今回はBardの推敲です。ちょっとした具体例を提案してくれたり、冗長表現の言い換えなどを指摘してくれたりするんですよ。

まあトンチンカンな提案もありすべてのアドバイスが活用できるというわけではないですが、AIはまだまだ発展途上ですし、私のプロンプトももっと磨けば、少なくとも、ひとり執筆業の貴重な味方にはなってくれそうです。

寄稿が掲載されるのかは不明ですが、実際に掲載されたらまたブログで報告したいと思います。



関連記事