ささやかな「ほったらかし投資術」プロジェクトが

※本ブログでは記事中にPRを含む場合があります

dylan-de-jonge-pe9T4ROjpzQ-unsplash_20240201.jpg

昨日のブログ記事「『ほったらかし投資術』の今後について出版社と意識合わせ」は、たくさんのかたが読んでくださったようです。ありがとうございます。

その続きを少し。ミーティングのあと、出版社から今後も「ほったらかし投資術」プロジェクトを発展させ続けようということで、新聞広告の出稿を決めたとの連絡が入りました。小さな広告ですが、山崎さんの奥様にも一緒に内容をご確認いただきながら、急ピッチで制作が進んでいます。山崎さんがなくなられて、正直、共著の打ち切りも覚悟していたので、この展開には少々おどろいています。

天国の山崎さんはなんて言うだろう。「不謹慎だ」これはなさそう。形式的な儀礼が人一倍嫌いなかたでした。「書いたのだからどんどん売るのが合理的だ」かな。もしかしたら、「ひと息ついてうなぎでも食いにいこう」かもしれません。うなぎの旬は冬らしいので。締めはバーでウイスキーでしょう。

全面改訂第3版 ほったらかし投資術」(山崎元・水瀬ケンイチ著)は、山崎さんと私で侃々諤々の激論の末にできあがった本です。きっと読んでくれたかたの投資のお役に立つはずだと信じています。
関連記事