日経平均が34年ぶりに史上最高値更新。おめでとうございます!

※本ブログでは記事中にPRを含む場合があります

28946764_m_20240222.jpg

日経平均が34年ぶりに史上最高値を更新しました。おめでとうございます!


バブル期の1989年12月29日につけたこれまでの最高値(3万8915円)を上回りました。日経新聞によると「企業の稼ぐ力の回復や脱デフレの期待などを背景に海外マネーが流入した」との分析です。とても良いことだと思います。

「やっとか……」と感慨深くなっている人が多いようですが、ニュースで使われている日経平均は「日経平均(配当除く)」です。主要なインデックスファンドがベンチマークにしている「日経平均(配当込み)」で見ると、2020年にとっくにバブル最高値は超えています。他の先進国の株価はもっと高い史上最高値を更新中です。

日経平均史上最高値更新は通過点(配当込みでは既に通過済みの過去)に過ぎないので、大事なのはこれから、未来。日本も他の先進国のように、騰落しながらも長期では右肩上がりの株価を形成してほしいです。

株価が大きく値上がりした時は、保有資産のリスクが自分の許容度を超えてしまっていないか、チェックするよい機会でもあります。リバランスは下げ相場ではなく上げ相場で「こそ」有効です。

自分のリスク許容度の範囲内で、投資を継続していきましょう。
関連記事