国民のための経済と財政の基礎知識(高橋洋一)、お金の不安がなくなる資産形成1年生(小林亮平)など【最大60%OFF】Kindle本 社会・歴史・哲学・政治書セール

※本ブログでは記事中にPRを含む場合があります

Library_20240406.jpg

現在、Kindleストアで「【最大60%OFF】Kindle本 社会・歴史・哲学・政治書セール」を実施しています。

3,000冊以上の対象Kindle本のなかから、当ブログの読者さまにおすすめの本をご紹介します。


まず、「国民のための経済と財政の基礎知識」(高橋洋一著)です。


本書はオーソドックスな経済学をわかりやすく解説した経済本です。

インフレ・デフレ、金利、為替などベースとなるマクロ経済学の部分は昔からあるオーソドックスなものですが、それを現在の政治・経済にあてはめて、官僚やメディアのトンデモ論を斬っているところがとてもおもしろいです。著者の高橋洋一氏はたびたび世間をお騒がせするイメージがありますが、本書で言っていることは道理にかなっていることが多いと思います。マクロ経済学の基礎を解説するだけでなく、最終章には読者に向けた今後の「学び方」まで付いているのが良心的だと思いました。

なお、あまりにもスルスル読めたので以前読んだことがあるかのように錯覚しましたが、読了後よく見たら2014年出版の著作に加筆・修正して2021年に出版された本でした。(たぶん読んだことがあり錯覚ではなかったと思われ)

今なら56%OFFの399円(税込)です。内容に対して安すぎる。しかもAudible会員なら0円で聴ける。


次は、「これだけやれば大丈夫! お金の不安がなくなる資産形成1年生」(小林亮平著)です。


本書は図版もりだくさんの資産形成の入門書です。

貯金、投資、ポイ活、ふるさと納税などについて、対話形式の図版でとてもわかりやすく説明しています。投資へのハードルを下げる「最初の一冊」にもってこいだと思います。活字が苦手という人でも本書を読めないという人はいないのでは。

NISAや楽天経済圏の情報が一部古くなっているのですが、著者の小林亮平氏は登録者70万人超のYouTube「BANK ACADEMY / バンクアカデミー」を運営していて、セットで視聴すると最新情報とともにより理解が深まると思います。

今なら50%OFFの825円(税込)です。


次は、「お金が増える 米国株超楽ちん投資術」(たぱぞう著)です。

tapa81FL8LYd78L.jpg

本書は日本人のための米国株投資の入門書です。

投資の未経験者や初心者でもわかるように、とても、とても、やさしく米国株投資について書かれています。日本人だからこそ戸惑う市場の制度や税制の違い、投資可能銘柄の違い、為替リスクの存在などについても、しっかりとていねいに解説されています。まさに、人気米国株投資ブログ「たぱぞうの米国株投資」の集大成という感じです。

米国株については、インデックスファンド・ETFを使って分散投資する方法と、個別の企業の株式を、財務諸表やEPSやROEなどの各種指標を見て選択する個別株投資の方法が両方書かれており、内容は盛りだくさんですが、とてもシンプルにまとめられています。

本書も全編を通じて、たぱぞうさんの癒やし系の優しい人柄があふれていています。巻末の「たぱぞうの幸せ米国株投資あかさたな」などは読んでいてほっこりします。たぱぞうさんのファンのかたもそうでないかたも、米国株投資家さんもそうでないかたも、ぜひ一度、本書を読んでみることをおすすめします。(当ブログでの書評記事はこちら

今なら45%OFFの770円(税込)です。


上記で紹介した本以外にも、Kindle本3,000冊以上が最大60%OFFです。ぜひ、以下のリンクから興味がある本を探してみてください。

【最大60%OFF】Kindle本 社会・歴史・哲学・政治書セール(Kindleストアのセール公式ページへリンク)

注意事項です。キャンペーンはKindle版が対象です。紙の単行本は対象ではありませんので、ご購入の際にはKindle版であることと、価格が最大60%OFFになっていることをご確認ください。そして、キャンペーン期間は、2024年4月18日(木)23時59分までです。これはと思う本があれば、早めにポチが吉です。

桜の花咲く頃、良き読書ライフを。
関連記事