自分のペースで資産を築くインデックス投資術

※本ブログでは記事中にPRを含む場合があります

oleksandr-sushko-8HNzaxCmufw-unsplash_20240414.jpg

インデックス投資家にとって、日々の市場動向に一喜一憂せず、他人の儲け自慢に惑わされず、着実に資産形成していくことが重要です。しかし、それは決して簡単なことではありません。そこで今回は、インデックス投資家の日常における3つの心得と、投資と暮らしの適切な距離感について書いてみます。

1. 日々の市場動向に一喜一憂しない

インデックス投資は、長期的な視点で資産形成を目指すものです。そのため、短期的な市場の値動きに惑わされることなく、冷静さを保つことが大切です。ニュースやSNSで市場が大きく変動したことを知ったとしても、すぐに自分のポートフォリオを確認したり、売買したりする必要はありません。

株価にいちいち反応して「おはぎゃあああ」などといってふざけるような行動は、むしろ、自分や周囲の人を無用に興奮させてしまい、さらなる損失を招く可能性さえあります。日々の値動きは気にせず、あくまでも長期的な視点で投資を続けることが、インデックス投資で成功するための鉄則です。

2. 他人の儲け自慢を気にしない

インデックス投資の世界では、SNSなどで投資の成果を公開する人が多くいます。しかし、他人の成功体験に惑わされて、焦ったり、不安になったりする必要はありません。

投資には必ずリスクが伴います。にもかかわらず他人の成功談にはリターンのことばかりで取ったリスクのことはほとんど出てきません。実は大きな損失を経験している可能性もあります。

大切なのは、自分の投資目標とリスク許容度を理解し、それに合った資産配分で投資を継続することです。他人の成果に左右されることなく、自分のペースで資産形成を進めていきましょう。

3. 保有資産のリスク管理はしっかりやる

インデックス投資は個別株投資に比べてリスクが低いとよく言われます。しかし、それは正確ではありません。インデックス投資は個別株投資よりも数字でのリスク管理がしやすいので、結果的に自分の許容範囲内のリスクで運用しやすい、というのが実態です。

ポートフォリオ全体のリスク水準を定期的に見直し(私は年2回)、必要に応じてリバランスすることが重要です。また、病気やリストラなど想定外の事態に備えて、十分な生活防衛資金を用意しておくことも忘れずに(私は生活費の約2年分)。

リスク管理を怠ると、暴落時に投資を続けることができなくなってしまい一発退場してしまう可能性もあります。リスクのことは数字で把握して、適切な対策を講じることが、インデックス投資を成功させるための鍵となります。

投資と暮らしの適切な距離感

インデックス投資は、あくまでも人生を豊かにするための手段の一つです。投資にばかり気を取られて、日常生活をおろそかにしてしまっては本末転倒です。投資と暮らしのバランスを意識し、自分にとって何が大切なのかを忘れずにいることが重要。長い長い資産運用中に必要なのは、もしかしたら投資本よりも「人生訓」なのかもしれません。

インデックス投資は、長期的な視点で資産形成を目指すための有効な手段です。しかし、成功するためには、日々の市場動向に一喜一憂せず、他人の儲け自慢に惑わされず、着実に資産形成していくことが大切です。

投資と暮らしの適切な距離感を保ち、自分にとって何が大切なのかを忘れずに、投資を楽しみながら、自分のペースで資産と人生を築いていきましょう。


kaiteiban_okanehanekasete.jpg

関連記事