インド株インデックスファンド、auアセットが信託報酬最安値に!

※本ブログでは記事中にPRを含む場合があります

taj-mahal-3654227_1280_20240416.jpg

auアセットマネジメントは、インド株インデックスファンド「auAM Nifty50インド株ファンド」の信託報酬率を引き下げると発表しました。


詳しくは上記サイトをご覧いただきたいのですが、気になる概要を抜粋します。

auAM Nifty50インド株ファンド
・Nifty50指数(配当込み)連動
・購入時手数料 なし
・信託財産留保額 なし
・信託報酬 年0.4675% → 年0.297%
・変更適用日 2024年4月26日

信託報酬が年0.297%となり、「楽天・インド株Nifty50インデックス・ファンド」(信託報酬年0.308%)や「SMTAM インド株式インデックス・オープン」(信託報酬年0.308%)などを抜いて、インド株インデックスファンドにおける最安値の信託報酬となります。

インド株は近年、新興国株市場の中でも特に好調な市場として多くの投資家から注目を集めています。auアセットは、今回の信託報酬引き下げの理由を「費用削減により運用成果の向上を目指すもの」としていますが、インド株インデックスファンド市場の競争が激化していることを背景に、対抗値下げの意味もあると思われます。

個人的には、インド株は全世界株式インデックスファンド(オルカン)に時価総額比率で約2%含まれているため、追加投資は必要ないと思っています。しかし、好調なインド株の更なる成長を期待し、ポートフォリオのインド株比率を高めたいと考える投資家は多いのかもしれません。

運用コストが比較的高い傾向にある新興国のインデックスファンドで運用コスト競争が起こることは、投資家にとって歓迎すべき動きです。今後も注目したいと思います。

なにはともあれ、auアセットマネジメントさん、グッジョブ!👍️



関連記事