新社会人は一生付き合えるクレジットカードを!

※本ブログでは記事中にPRを含む場合があります

credit-card-5141613_1280_20240422.jpg

日本経済新聞にクレジットカードについての新社会人向け情報が掲載されています。


詳しくは上記記事をご覧いただきたいのですが、要点は(1)年会費は無料、還元率は1%以上に、(2)海外旅行中の治療費を補償する保険も、(3)支払いの遅れは住宅ローンなど影響の3点でした。

記事では、ポイント還元率が比較的高い1%程度の年会費無料カードとして「dカード」「楽天カード」「P‐oneカード」「リクルートカード」をあげて、VISAかMastercardのブランドで持つのが良いとすすめていました。



妥当な内容だと思います。1%を大きく超える異常な高還元率は長続きしません。いずれポイント改悪などの条件悪化が待っているでしょう。

クレジットカードのポイント還元率をマニアックに調べ過ぎて、一時的な高還元率のニッチなカードを作り、改悪されては解約して、また別の高還元率のニッチなカードを作り、また改悪されてということをくり返してカードを渡り歩く「カード難民」みたいな人たちが昔からいます。貴重な時間をもっと大切にした方がよいと思います。

新社会人の方々の場合、一人暮らしの水道光熱費などをまとめてカード払いに設定すると思います。ECサイトやサブスクなどにもカードを設定するでしょう。1枚目に変なカードを選んでしまい、後で登録カードが変わるようなことがあると手続きが面倒です。

そんなことにならないように、できれば、一生付き合えるクレジットカードを選びたいものです。


楽天カードはこちらから(PR)
楽天カード

関連記事